2022.01.24観光スポット紹介
映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!

吹屋ふるさと村は、懐かしい風を感じさせながら独特な雰囲気を持つ町並みです。それもあり、映画などのロケ地としてよく使われる所でもあります。吹屋だけでなく、高梁や新見周辺でも行われいますので、そのロケ地を巡り、映画やドラマを振り返ってみてはいかがでしょうか?

<「八つ墓村」金田一耕助シリーズ>
放映:1977年10月29日 松竹 監督:野村芳太郎
主演 金田一耕助:?(見てのお楽しみ。石坂浩二、古谷一行ではありません!)
出演:萩原健一、山本陽子、小川真由美、仲代達也、他
ロケ地:広兼邸、吹屋ふるさと村下谷地区、大塚家墓地、高梁市落合町福地、満奇洞(新見市)、備中神代駅(新見市)、明智峠(鳥取県)

広兼邸
中野村大野呂の庄屋で二代目・元治が小泉銅山と本山鋼山(ローハ製造)の経営に参加し、巨万の富を得て、文化七年(1810)に山を切り開いた台地に豪壮な邸宅を建てた。向き合う丘に、個人の天広(アマヒロ)神社と一家の墓所をつくり、大正三年(1914)に主屋に離れ座敷を増築した。その後、当主の東京転出により無住状態になっていたが、昭和五十九年に旧成羽町の重要文化財に指定され、翌年に岡山県は当主からの寄付と県郷土文化財団の協力で修復をし一般公開している。昭和五十二年には映画・金田一シリーズ「八ツ墓村」のロケが行われ有名となる。

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像03

吹屋ふるさと村・下谷地区、大塚家墓地
田治見久弥の埋葬シーンで、死因に毒殺の疑いがあると解剖を行うシーンで撮影。

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像04

高梁市落合町福地(しろち)(吹屋から車で約35分)
よく出てくるバス停とその前の商店のシーンで撮影。濃茶の尼が「八つ墓明神の祟りじゃぁ~」と叫ぶシーンが印象的!バス停は映画用に小屋を作成し作ったもの。実際にはバス停はない。

満奇洞(新見市)(吹屋から車で約45分)
田治見家本家の蔵から通じる鍾乳洞のシーンで撮影。
実際には満奇洞だけでなく他県の鍾乳洞でも撮影をしている。

備中神代駅(新見市)(吹屋から車で約45分)
JR伯備線に乗り、寺田辰弥(萩原健一)が降り立った駅。ここから車にのり多治見家へ向かうシーンで撮影。現在、駅舎は取り壊され、撮影当時の面影はありません。

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像05

明智峠(鳥取県:岡山県新見市との県境)(吹屋から車で約75分)
多治見家へ向かう途中など、他色々なシーンで山の上から八つ墓村を見下ろすシーンで撮影。吹屋とはまったく方角も違い、距離も離れた土地で広兼邸が見えるはずがないのですが、明智峠から見える小さな集落に田治見家本家(広兼邸)の外観のセットを作成し撮影。最後の火災のシーンはこのセットを燃やしたとか!

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像06

※奥に見えるのが大山です。

放映:1996年10月26日 東宝/フジテレビジョン、角川書店、東宝提携 監督:市川崑
主演 金田一耕助:豊川悦司
出演:浅野ゆう子、高橋和也、萬田久子、岸田今日子、宅麻伸、他
ロケ地:広兼邸、八塔寺ふるさと村(岡山県備前市)

八塔寺ふるさと村(吹屋から車で約150分)
新しい映画やテレビドラマではこちらがメインのロケ地となっています。
吹屋からは100キロ離れた備前市にあります。

※参考までに:戦国時代、吹屋銅山は山陰の戦国大名尼子氏の所領となり、尼子の武将吉田六郎兼久が黄金山に砦を築き銅山経営をしている。銅山をめぐる毛利氏のとの争奪戦で戦死し、その時の部下の勇士八人も自刃している。土地の人は勇士八人の霊をとむらうために尼子八人塚を立て供養したといわれている。尼子八人塚は黄金山の麓にひっそりと眠っている。
という、吹屋には事実があります。「八つ墓村」の映画の中にもこれに少し似た内容のものがあります。実際にこれを題材にしたかは定かではありません。ちょっと気になったので掲載して見ました。

<「火垂るの墓」終戦60年スペシャルドラマ>

放送:2005年11月1日 日本テレビ 原作者:野坂昭如
主演:松島奈々子(澤野久子役)
出演:石田法嗣(清太役)、佐々木麻緒(節子訳)、岸恵子、井上真央、伊原剛志、他
ロケ地:吹屋ふるさと村千枚地区(小川家、小川家周辺)、吹屋ふるさと村町並み、旧片山家住宅

吹屋ふるさと村千枚地区(小川家、小川家周辺)
清太と節子がお世話になる澤野家の外観シーンで撮影。ドラマの中で頻繁に出てきます。
注意:小川家は今も住んでおられるお宅ですので見学は不可です。外観だけご覧ください。(家の中のシーンは別にセットを使用しています。)

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像09

吹屋ふるさと村町並み
ドラマの舞台となる澤野家がある兵庫県満池谷の町並みとして撮影。

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像10

旧片山家住宅
満池谷の配給所のシーンで撮影。

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像11

<「獄門島」金田一耕助シリーズ1990年テレビドラマ>
放映:1977年10月29日 松竹 監督:野村芳太郎
主演 金田一耕助:片岡鶴太郎
ロケ地:広兼邸、西江邸

広兼邸

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像12

西江邸

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像13

<「釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」>
放映:2007年9月8日 松竹 監督:朝原雄三
ロケ地:西江邸

西江邸
岡山で政財界に大きな影響力をもつ陰の実力者、渋谷剛三(小沢昭一)の住む家、スーさんが渋谷宅(西江邸)を訪ね、話し合うシーンで撮影。

映画、ドラマ、テレビのロケ地を巡る!の投稿画像14

<「バッテリー」>
放映:2007年3月10日 東宝 監督:滝田洋二郎
主演:林遣都、山田健太
出演:天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、他
ロケ地:国道484号線ループ橋展望台、大福寺、石火矢町ふるさと村、柏木邸、県立高梁高校、なりわ運動公園、芳烈酒造
※高梁市街を中心に撮影

<「県庁の星」>
放映:2006年2月25日 東宝 監督:西谷弘
主演 織田裕二
出演:柴咲コウ、佐々木蔵之介、他
ロケ地:天満屋ポルカ(高梁市)

天満屋ポルカ(吹屋から車で約45分)
野村聡(織田裕二)がプロジェクトの研修先として訪れた、スーパー「満天堂」として撮影。
屋上駐車場への非常口付近に撮影で使った「満天堂」の看板がそのまま残っている。

<「男はつらいよ 寅次郎恋歌」(第8作)>
放映:1971年12月29日 松竹 監督:渡辺祐介
主演:渥美清   マドンナ:池内淳子
出演:ザ・ドリフターズ、進藤恵美、長山藍子、柳家小さん、三遊亭円生、他
ロケ地:寿覚院、岡村邸、石火矢町ふるさと村
※高梁市街を中心に撮影

<「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」(第32作)>
放映:1983年12月28日 松竹 監督:前田陽一
主演:渥美清   マドンナ:竹下景子
出演:中村雅俊、中原理恵、有島一郎、ミヤコ蝶々、川谷拓三、他
ロケ地:JR伯備線備中高梁駅、薬師院、白神食料品店、岡村邸、油屋旅館、方谷林公園
※高梁市街を中心に撮影