明治時代の雰囲気を残し、ベンガラに彩られた美しい町 和味の宿 ラ・フォーレ吹屋(岡山県/吹屋)

ベンガラの町
歴史ある自然豊かな田舎で体を動かしてみてはいかがでしょうか!

吹屋は鉱山として1,200年の歴史があり、かつては日本三大銅山の一つでもあった。江戸後期からはベンガラの製造も始まり、明治時代には吉岡鉱山とベンガラ製造でかなり繁盛した歴史ある町です。その当時の面影が今もなお残り、現在は国選定伝統的建造物群保存地区に指定されいる。
もともと鉱山だったため、現在の市街地からはだいぶ山の中に町が形成され、自然豊かで、空気・空が綺麗で車の交通量も少なく、気持ちよく運動が出来ます。是非、この町でのんびりと観光と自然を堪能しながら体を動かしてみてはいかがでしょうか!

参考までに地図をご用意いたしております。
無理なくコースをチョイスをしてお楽しみください。

※平成22年7月4日に「第一回吹屋歴史街道マラニック」が行われました。そのときのコースをマーカーしていますので参考にして見てください。

<マラニックとは?>
マラソンとピクニックを合わせた競技で、順位を競わず、レベルのあったグループでペースを守って走行し、みんなで楽しむスポーツです。

オンライン宿泊予約
■宿泊日


■宿泊数


■ご利用人数/1部屋
大人: 名様
小学生: 名様

■1室または1人あたりの1泊料金
から
まで


ページトップ
Copyright(C)Hotel Rose Garden Shinjuku All Rights Reserved.